スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホントに見たいか?地上デジタルテレビ放送

現在放送されているアナログテレビ放送は平成23年7月で全て終了し、その後は地上デジタルテレビ放送に完全に移行される。

地上デジタルテレビ放送を視聴するためには、対応テレビに変えるか対応チューナを設置する必要があり、これまでVHFアンテナのみで受信していたところでは新たにUHFアンテナに交換しなくてはならない。これらはもちろん視聴者の自己負担でそろえなくてはならず、現状の実勢価格でチューナー約50,000円、UHFアンテナ約1,500円、ケーブル約2,000円(いずれも工事費別途)ほど。国民には痛い負担だ。

地上デジタルテレビ放送はデジタルハイビジョン技術を用いた高画質・高音質と双方向番組が売りだが、正直現在のアナログテレビ放送でも特に不満をもっていない私のような者から見れば、対応チューナつけたところで見られる番組は変わらない訳だし、デジタル機能もどれほど使うか疑問だし、要らぬ出費をさせられる方がよほど不満だ。

むしろテレビ局には画質音質より、情報の正確さや番組の品質を上げる放送改革をお願いしたいところであるが、そもそもメディアは視聴率至上主義で世論には敏感だから、まずは我々視聴者が安易に迎合せず厳しい目で見ていく必要があるだろう。

◆コメントする場合はこちら。

(クリックすると、この下に投稿フォームが開きます。)
    管理者にだけ表示を許可する




◆この記事のトラックバックURL

http://teian.blog23.fc2.com/tb.php/7-f5e21e47

-


管理人の承認後に表示されます・・・


Template Designed by DW99, Arranged by karasejin.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。