スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険ペットへの対応

マンションにサソリ出現。それも2回も。
ニシキヘビは逃げだすし、琵琶湖では外来魚ブラックバスどころかピラニア出現とは、おちおち日本の子供は水遊びもできなくなるのか?

これらに限らず、アライグマやカミツキガメなど危険外来種が既に国内で繁殖している例はたくさんある。意図せず帰化して繁殖してしまったセアカコケグモなどの例もあるがこれらについては今はおいておくとして、危険ペットの管理のあり方というものについて考えてみたい。

一応とんでもなく危険な数種の動物については国内搬入禁止のような規則があるようだが、逆に言えばそれ以外のものは何らかの形で国内に持ち込み可能ということになる。そのうち例えばワシントン条約の対象となっているものについては商取引の法的規制が掛かり、大きな動物の場合は動物園でしか飼えないから必然的に物理的な制限が掛かる。よって問題となるのは比較的簡単に入手でき、家庭などでペットとして飼育可能で、危険度を持つ動物であるといえる。

これらにどう対応するか。
まずはサソリなど毒性のあるものはその強弱に関わらず、国内の一般商取引は前面禁止すべきではないだろうか。管理設備が整い認可された研究機関が届出をした上で正当な理由がある場合のみ飼育を許可するぐらいの厳密な規制があってもいいだろう。

さらに危険度が低く商取引で一般の人間がペットで購入できるものであっても危害のリスクや生態系影響の度合いによってそれ相応レベルの管理義務を課すべきだ。例えばニシキヘビなどの大蛇を飼う場合は、当然厳重な管理環境が必要で、それを届出して公的機関が検査し基準を満たしたもののみに購入飼育の許可証を与えるようにする。さらに飼育者は飼育している施設の入口に飼育表などの掲示をきちんとして周囲にその旨を提示し、飼育動物と設備の管理記録提出を義務付ける。また何かあった時の補償のために専門の傷害保険への加入も義務付ける。公的機関は飼育施設に定期的に立入検査などを行ってその安全性を確認するようにして、違反者には飼育許可剥奪するなど厳しい指導や刑事罰を与えるようにする。

これら飼育者を管理する公的機関は飼育の専門家や獣医などを中心に構成して、飼育モラルの啓蒙活動なども行うようにする。機関の財源は「ペット税」のような形で徴収したらどうか。個人的には相当重い税にすべきではないかと考える。それが嫌なら買うべきでないし飼うべきでない。飼い主の経済的余裕もペットを飼う能力や責任という観点から見れば重要な要素だと思うのだ。

◆コメントする場合はこちら。

(クリックすると、この下に投稿フォームが開きます。)
    管理者にだけ表示を許可する




◆この記事のトラックバックURL

http://teian.blog23.fc2.com/tb.php/5-9464aced

Template Designed by DW99, Arranged by karasejin.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。