スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATMの作業効率

詐欺行為が金額の大小に関わらず憎むべき大罪であるのは、人の優しさや真面目さにつけこんでだまし、心に大きな傷を与える「非人道性」に加え、人間不信を助長させ、法やさまざまな手続きを複雑化し非合理化させる「社会的影響の大きさ」にある。

そんな中、今月から銀行ATM(現金自動預払機)利用での現金振込が10万円を上限に制限され、我々はまた一つ利便性を失うこととなった。公には「マネーロンダリングやテロ資金対策のための国際的な要請」を理由に挙げているが、現実は国内でいつまでも被害が後を絶たない「振込め詐欺」が影響していることは明白だ。

ところでATMの利便性といえば、コンビニのATMは実に便利だ。正直、食品はスーパーに比べて高いのであまり買わないけれども、切手や印紙の購入・コピー・各種決済などに加えて銀行預金の出し入れができ、それが24時間いつでも可能であることは私にとって大いに役に立っている。

大手都市銀行、地元地銀、ネット専業銀行とコンビ二ATMの提携銀行は今や大きく広がり、手数料無料で利用できるところも多い。となると、提携銀行口座間の預金移し替えも当然そこでやるようになってくるわけだが、いかんせんその時のATMの非効率動作についてはもう少し何とかならぬものかと常々思う。

例えばA口座からB口座へ預金を50万円移す場合だと、まずA口座から現金50万円引き下ろす手続きをする。しばらくカタカタギイギイ鳴りながら機械が稼動し紙幣を数え、取出口を開き紙幣を出す。利用者はその50万円を片手に持ちながらB口座のキャッシュカードを使って今度はこの口座への預け入れ手続きをする。開いた取出口に先ほど取出したばかりの50万円を戻すと、またしばらくカタカタギイギイ鳴りながら機械が稼動し紙幣を数え、その現金を収納する。お分かりだと思うが、この一連の動作の中で意味のあるのはそれぞれの口座の預金データの変更なだけで、紙幣を計100枚数えて元の場所に戻す作業エネルギーとこれに費やす時間は全くのムダである。さらに1回に出し入れできる紙幣枚数の上限が決まっているのでそれを上回る場合はこれを何度も繰り返さねばならず、利用者までもがムダな労力を強いられることになる。

もちろん「引き出し-預け入れ」ではなく「振込」で預金移動させる方法もある。むしろその方が現金の出し入れを伴わずよっぽど機械作業効率が良いはずだが、この「振込」の方に手数料を伴うのは何とも皮肉な話である。

もっともこのことはコンビニATMに限らず、一般の銀行ATMにおいて同一名義人の同行異口座間で預金を移す場合も同じである。ただいずれにしても、ユーザのATM利用目的は必ずしも「預け入れ」「引き出し」「振込」などの単純取引で完結するものだとは限らず、さまざまな口座と取引を組み合わせた複合取引の場合もあるはずである。電算処理的には処理中のデータを内部保持し、全ての取引終了後に関係口座のデータを更新すればいいだけのことであって、複合処理の実現にそれほど高度な技術が必要だとは思わない。よって次世代ATMは複合取引標準対応となって然るべきだが、その時にまだ「紙幣」で取引する旧式文化が存続しているかは知る由無し。

◆コメントする場合はこちら。

(クリックすると、この下に投稿フォームが開きます。)
    管理者にだけ表示を許可する




◆この記事のトラックバックURL

http://teian.blog23.fc2.com/tb.php/35-d5f02c29

-


管理人の承認後に表示されます・・・


Template Designed by DW99, Arranged by karasejin.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。