スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜のミッション

数年前に自作設置したプランター自動散水装置により、出張時はもちろん日常の水やり行為からも完全に開放された。冬場と夏場で植え込みの量や自然蒸発する量が異なるため、時々タイマーやバルブの調整はするけれども、ほとんどフリーメンテであると言っていい。

しかしこのシステムにも落とし穴があることが最近わかった。プランターが日々平均して適度な湿り気で保たれると植物の生育は確かに安定してくるのだが、快適に思うのは植物だけではなかった。「無農薬」「無天敵」「無災害」そして「食べ放題」とくれば害虫にとっても天国だったのだ。

プランターには以前よりいろいろな虫がついていたが、植物の生育に大きく影響を与えないうちはそれもまた生態系だと許容もできた。しかし最近異様に増えてきたその害虫の振る舞いは目に余るものがあり、強制駆除を決意するに至った。

その害虫はナメクジである。

ヌメッとしていて憎い奴


昼間はほとんど奴らを見かけることは無く、ベランダやプランター縁に残る這い跡が存在していることを示してはいたが、最初はそれほど気にはならなかった。ところがある時、夜半過ぎにベランダに出てみたところ、プランターのいたるところで這いずりまわっている奴らを目にした。大量だ。しかもその様相は不気味で、うっかり触ればヌメッとして気持ち悪い。丸々と太った奴が生えて来たばかりの芽をむしゃむしゃと食らっている。小さいのもたくさんいる。こいつら大量繁殖してやがる。非常事態だ。

その日から、懐中電灯と割箸を武器に深夜のナメクジ除去大作戦が展開されることとなった。通りを歩いている人には非常に怪しい行動に映るだろうが、いかんせんこれはどうにも仕方がない。連日のミッションと一時的な渇水攻めが効いているのか、確認できる個体数は随分減ってきたように思うが、自動散水を再開するとどうなるか今のところはわからない。深夜に集合住宅のベランダで何やらガサガサやっている怪しいおっさんとして近所で評判になる前に、駆逐を完了したいと思うのだが。。。

凄い写真ですね。
唐瀬人さん、こんばんは。

ナメクジの大量発生ですか!!?
それは不気味ですよ。まさしく、害虫ですよね。
私もナメクジは嫌いです。
見つけると、「悪霊退散!」と言いながら塩をかけます。
が、彼らはとても貪欲なのです・・・
頑張って下さいね。
ナメクジの天敵
ヌシ様、コメント有難うございます。
しばらく出張に出ていたためレスポンスが遅くなってごめんなさい。

殻を背負っているカタツムリにはまだ可愛げがあるのですが、ほそーく伸びて張っているナメクジの姿にはどうしても慈愛の念をもてません。

先日ビジネスホテルで部屋のテレビを点けたら、ムツゴロウさんがアメリカの巨大ナメクジを生で食らっていました。正直目を疑いましたが、あの人はいつも我々の常識をはるかに超えています。うちのベランダにつれてきてナメクジ全部食べてもらえたらありがたいですが、その口で自分の顔も舐められたら怖いですね。


◆コメントする場合はこちら。

(クリックすると、この下に投稿フォームが開きます。)
    管理者にだけ表示を許可する




◆この記事のトラックバックURL

http://teian.blog23.fc2.com/tb.php/28-820827db

-


管理人の承認後に表示されます・・・


-


管理人の承認後に表示されます・・・


Template Designed by DW99, Arranged by karasejin.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。