スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Uターン大根の作り方 (with ふきのとう)

うちのせまいベランダで行うプランタ園芸は「食えるものを作る」のが大前提であるが、買ってきた種を蒔いたり、買ってきた苗を植えるということはほとんど無い。基本は料理の時に切り落とす野菜の根の部分を植えてみたり、果物を食べたあとに残る種を蒔いたりするリサイクル栽培(?)なのである。

下の写真は大根菜の根を植えておいたものだが、葉だけでなく根も太く成長、いかんせんプランタは土の深さが浅いので、底に到達した根はそこで折り返し地表へ向かって伸びた結果「Uターン大根」ができてしまった。根が太いことはわかっていたが地中でまさかこんなことになっているとは。ちなみに根も葉も今夜の味噌汁の具とあいなった。

PLC
(写真はクリックすると拡大表示します。)

このUターン大根の脇に目をやるとフキノトウが顔を出していた。2つほど。去年、やってみよう同好会でフキノトウを採りに行き、たくさん採れたのでプランターに挿しておいたのが由来だ。挿したものはほどなくして枯れたが、その後しばらくしてフキの葉が出て夏には大きく成長。秋にはそれも枯れたが地下茎は生きていて年明けには再び葉が出てきていた。それにしてもこの寒風の中、フキノトウまで出るとは驚き。

PLC
(写真はクリックすると拡大表示します。)


すごい!
 すごいですね。最近はテレビでど根性大根だの、ど根性白菜だのとやっていますが、それよりもど根性があるかもしれません。だって・・・Uターンですよ?すごい。
 ふきのとうは春の訪れを教えてくれる、春の食材ですよね。よく行っていたお店で、いつもこの時期ふきのとうの天ぷらを出されました。・・・でも・・・・苦い。ふきのとうを眺めるのはとっても好きなので、苦味を取る料理法を是非とも知りたいところです。
元は見切品
syuu様 コメント有難うございます。

このUターン大根、あくまで元は葉を食べる大根菜で、しかも廃棄寸前の見切品なんです。原価割れのような値段で買ってきておいしくいただき、切り捨てた部分も元以上に再生してしまうと農家の皆様に少々後ろめたいです(笑)。万能ねぎや三つ葉などもしばらく買っておりません(謝)。ちなみに再生しないような野菜くずも土に入れてそのまま肥料になっています。ひとり暮らしで出る程度のものはすべて分解できるので、ゴミの日に出す生ゴミはほぼ0%です。

そういえば、syuu様は苦いのが苦手でしたね。ふきのとうは天ぷらよりも衣をつけずに素揚げにした方が苦味が少ないです。味噌汁にもたくさん入れずに鍋あたり1つ2つを細かく刻んで入れれば苦味は気にならず、風味を楽しめると思います。
なるほど!
 美味しい調理方法、教えていただき、ありがとうございます。早速試してみますね。もともとゴーヤと一緒でふきのとうは「苦い!」という印象があるので、買うのもしり込みしていたのでした(苦笑)
 なるほど~。野菜くずは土に入れてしまえばいいんですね。よく、コンポーザーでしたっけ?アレを利用しようか・・とも思うのですが、叔父が「匂いがすごいぞ!」と言っていたのが気になって、なかなか手を出せずにいました。
 万能ねぎや三つ葉は、水につけてありますか?それともやはり土に植えてありますか?我が家では今水につけてあった三つ葉にモシャモシャ根が出始めているのですが、以前葉を伸ばし始めたニンジン同様、「水で育った野菜くず」は大抵土に植え替えるとすぐに枯れてしまうので、今躊躇しているんです・・・。土が悪いのかな?
処理量にもよりますが
syuu様

再生できないような野菜くずは水気を十分落とし、できるだけ細かくして土に埋め、2センチ以上土をかぶせておけば臭いやハエは沸きません。

最初のうちは分解に少し時間がかかるかもしれませんが、繰り返すうちに分解細菌や微生物が増殖するためか土の色も変わりだんだん処理が早くなってきます。特に夏場は分解が早いです。

うちでは万能ねぎも三つ葉もプランターに土植えです。根が出ているようなら多分土にもつくと思います。ただ野菜にもうまく再生するものとしないものがあって、ニンジンなんかは上の切れ端からある程度葉は伸びますが、根は張らずそれ以上再生したためしがありません。ホウレンソウなんかも何度やっても根はつきませんね。
参考になりました。
 唐瀬人さん、アドバイスありがとうございます。とても参考になりました。今日からやってみます。
 昨日細葱を買ってきたので、それも植えてみようかと思っているのですが、土に植えるとどんどん葉が痩せてしまって、結局枯れてしまうんです。黒い小さい虫が大量についたり・・・。ニンジンは確かにだめですよね。
 野菜って難しいですね。でも、自分で育てるとそれだけ食べたときになんだか嬉しいような気持ちになるのかも知れませんね。
まずは土作りから
syuu 様
植えられている土があまり栽培に適さない場合もあるかもしれません。それこそ生ゴミ処理を兼ねた土作りから始めたらいかがでしょうか。もともと捨てるものなのですから試しに植えてみて枯れたらそのまま土に入れて堆肥化してしまえばいいのです。気楽に行きましょう。ちなみにうちの細ねぎは5年以上の株ですが何度切られてもしぶとく葉を出します。ですが最近少し大味になってきた気がします。

◆コメントする場合はこちら。

(クリックすると、この下に投稿フォームが開きます。)
    管理者にだけ表示を許可する




◆この記事のトラックバックURL

http://teian.blog23.fc2.com/tb.php/22-86c3e59c

-


管理人の承認後に表示されます・・・


-


管理人の承認後に表示されます・・・


-


管理人の承認後に表示されます・・・


-


管理人の承認後に表示されます・・・


Template Designed by DW99, Arranged by karasejin.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。