スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

e-Tax やってはみたけれど

はっきりいって納税関係の書類作成作業というのは何の生産性もない。かといって投げ出す訳にも行かないので、できるだけ手間や費用をかけず合理的にやれる方法を考えることになる。

昨年の確定申告は、国税庁のホームページにある「確定申告書等作成コーナー」を利用して申告書類を作成してみた。結果から言えば、生命保険料控除などの諸計算を自動でやってくれる部分はあるけれども、そもそも手計算でやっても大した手間では無いので、手書き数値がワープロ文字になる程度しかメリットは感じられない。そのくせ申告者の住所や名前にいたっては入力できるようになっていないので、プリンター(カラーでないと不可らしい)で提出用書類を何枚も打ち出したあと、それにすべて住所と名前を書き込まなくてはいけない。通常開業届を提出している事業者についてはこの部分があらかじめ印字された申告用紙が送られてくるので、いつもどおりその用紙を使って作成した方がプリントアウトの手間も無くかえって楽だったかと多少後悔している。(追記:平成17年度申告分からは申告者の住所・名前の一括印字に対応。またモノクロ印字も可になった。)

いずれにろこの方法で作成した申告データは従来同様、紙の書類にして税務署へ提出しなければならない。それならば、次はペーパーレスの「国税電子申告納税システム(e-Tax)」でやってやろうとWEBで申し込んでみた。

数ヶ月経った頃、税務署からe-Tax用のソフトが送られてきた。早速インストールしてみる。ただでさえ操作性の悪い画面で「○○番号入力」というのが結構あって何だか面倒くさい。それでも最初の一回ぐらいだろうと思い先へ進めると「電子証明書のパスワード入力」とある。なぬ、電子証明書?何だそれ?

勢いで申し込んでしまったため気がつかなかったが、e-Taxには電子証明書というものが必須だったのだ。ホームページをよく読み返すと確かに書いてはあるが、例のごとくどうしてこんなにもわかりづらく書くのだろう。そんな愚痴をこぼしながら電子証明書について検索するとさらに憤慨。なんと電子証明書は有料なのだ。公的機関発行で500円、民間機関発行に至ってはなんと1万円!。この金額差も十分怪しいが、有効期限があって1回取得しても終わりとならないところがいやらしい。

結局のところ、税金を収めるデータ作成のためにわざわざ発行機関に足を運んで余計な費用まで払うなんてことが私には到底許容できるわけがなく、いまだ従来どおりの方法から抜け出せないでいるのである。

たしかに!!
 あけまして おめでとうございます。
確かに面倒くさいですよね。私も、去年やりましたが、訳がわからない・・・。電話で聞いても、「詳しい事は、説明会がありますから、そちらに来てください。」でまとめられちゃって・・。出られないから、電話して聞いているのに!!
 お役所仕事とは、こんなものか・・・と呆れ果てました。今年も医療費がかなりかかっているので、確定申告しなければなりません。今から憂鬱で・・・。
全く異様な光景
確定申告時期になると税務署は年配の人たちでごった返し異様な光景です。別件で行っても後回しにされがちです。毎年こんな不合理な状態を繰り返していてもその時期の「風物」ぐらいにしか捉えず改善しようと思わないのでしょうかね。
確定申告書は数年前まで自分で直接出しに行っていましたが(別設の申告会場と近かったので)、クリップで止められて大きなゴミ箱のような容器の中にポイッと無造作に投げ入れられるのを見てから心象害したので、それからは郵送です。一応手間掛けて作った書類なんですけど、あの人たちにとってはそんなものなんでしょうね。
所詮お役所
 そうなんです!!ホントにお役所仕事で、態度もでかい!!
 以前、知り合いの子供を2人連れ、雨の中を税務署にいったとき、すでにお昼も食べ終えて、雑談をしたり居眠りをしたりしている人ばかりだったのに、でかい幼児をぶら下げている私を横目に知らん振り・・・。で、私が申告書を出そうとすると、「今は昼休み中ですから、後30分ほど待ってください。」と突っぱねられました。
 あそこの人たちこそ、税金泥棒だと、私は確信しましたよ。

◆コメントする場合はこちら。

(クリックすると、この下に投稿フォームが開きます。)
    管理者にだけ表示を許可する




◆この記事のトラックバックURL

http://teian.blog23.fc2.com/tb.php/18-cb6241f8

Template Designed by DW99, Arranged by karasejin.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。