スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住むなら賃貸が気楽かと

これまで8回ほど引越しをしてきたが、数年前に入居した今のアパートはなかなか居心地が良く満足している。鉄筋コンクリート造3DKにベランダ、倉庫、駐車場付で5.5万。築年数はそれなりにいっているが、タイミングよく入居時にリフォームが入ったので床・天井・壁はきれいで古さは全然感じない。バス停やバイパスインターも近く便がいい割に静かで環境が良い所も申し分ない。

その前に住んでいた所は多少街中で確かに便利ではあったけれども、防音設備などまったく備えてもいない近くのインチキスナックから深夜、酔っ払いの歌声や叫び声が聞こえてきてうんざりだった。木造だったから今のところのほうが強度的にも断然いいけれど、家賃はそれほど変わらない。

いずれにしても賃貸物件の場合は、住んでいて気に入らなければ他に引越せばいいので気楽だ。持家だと良かれ悪かれそこに心身が拘束され、自由気ままとはならない点が自分には精神的に向いていない。賃貸物件は家賃をいくら払っても自分のものにはならないじゃないかと持家派の人は言うけれども、別に奥さんも子供もいるわけでなく資産を残しても意味が無いのだ。

そもそも自分の家を持つということもメリットばかりでは無いだろう。資産とは言え、建物や設備は徐々に劣化して修繕費用が必要になってくるし、一旦災害にあえば資産も負債に転じてしまう。それがローンなど組んでいたら借金残れど住むところ無し、自腹で崩壊した建屋を解体した後、さらに新たな出費で住むところを確保するとなれば2重苦どころではなく、3重苦、4重苦だ。

以前は国民に「持家」させることが国策であったのかもしれないが、近頃のニュースを聞いている限り、現在の世の中にあってはリスクが高いことだとつくづく思う。自分が買ったマンションの隣室にインチキ宗教や暴力団事務所ができたらどうだろう。日夜騒音を立てわめき散らすおばさんがいたらどうだろう。下階に在来線や車が突っ込んできたらどうだろう。欠陥住宅だの耐震強度不足だのと指摘され、早々に立ち退かなくては危険だと言われたらどうだろう。

右肩上がりの所得で不動産バブルに沸いた時代は既に去り、安定的就労さえままならぬ今、持家に縛られ「地域に仕事が無い」と嘆いているとしたらそれはあまりにナンセンスだ。むしろ住まいなどはその時の就労や生計あるいは環境に合わせて可変できるようにして、自分の行動可能幅をより広く取ることの方に利があると私は思うのだが。

◆コメントする場合はこちら。

(クリックすると、この下に投稿フォームが開きます。)
    管理者にだけ表示を許可する




◆この記事のトラックバックURL

http://teian.blog23.fc2.com/tb.php/10-3b4e5440

雪が積もってる


昨日の雨のせいか、富士山[:富士山:]が中腹近くまで雪をかぶってました。今日は空気も澄んでてきれいに見えるのはいいんですが、さすがに寒くなってきました。寒いのも暑いのも苦手・・・[:ノーノー:]今日、TV東京のガイアの夜明けで、マンションについてやってましたが・ ・・・


-


管理人の承認後に表示されます・・・


-


管理人の承認後に表示されます・・・


-


管理人の承認後に表示されます・・・


Template Designed by DW99, Arranged by karasejin.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。