スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子楽器もなおしなおし(WX11)

wx11

こちらは愛用のウインドMIDIコントローラ 「WX11」 。音源を含め 「ウインドシンセ」 などとも呼ばれる吹く電子楽器。

vl_70m

音源には 物理モデル音源 の 「VL70-m」 を使用。ユニークな音源だが、私のようないんちきプレーヤーが完全に使いこなすためにはまだまだ時間が必要だ。



WX11はアルトサックスからの持替えでかれこれ15年ぐらい使用しているので、さすがに最近あちらこちらがへたり始めた。後継機 「WX5」 が出ているので買換えられればいいのだが、いかんせん価格が痛い。なのでいつものごとく自分で直して延命をはかる。貧乏人の宿命、されど修理もまんざら嫌いじゃない(笑)。

wx11修理工程1

今回は5つあるオクターブキーの内、これまで未修理の2つの接触も悪くなってきたので内部基板の 「タクティルスイッチ」 を交換修理する。まずあちこちにある固定ビスを丁寧に外し、本体と基板を分離する。この時内部の配線が非常に細く、基板より剥がしてしまったり破損したりすると後々面倒なので慎重やらないといけない。

wx11修理工程2

銅板製のシールドを外すとスイッチ部が露出する。中心が黒いスイッチが旧品で今回の交換対象。

wx11修理工程3

基板裏面から半田ごてを当て、4つの足の半田を順番に溶かしながら少しづつ上に引き抜いて行く。取付けるは簡単だが外すのは結構根気が要る作業。

wx11修理工程4

スイッチを取付けたら銅版製のシールドを復旧し、配線を噛み込まないよう注意しながら基板及び本体をビスで元通りはめ込んで(受け側がプラで破損しやすいのでビスの締込み過ぎは禁物!)、修理完了。不具合が解消され元の使用感が戻ると、小さな修理でもそれなりの達成感!

スポンサーサイト

突然変異?

数年前に小さな苗を1つ貰ってきてプランタに植えたのが最初だったが、以降放っておいても種を撒き散らし勝手に生えてくるようになった「青シソ」。今年も他の植えものの成長を阻害するほどボーボーに生育。ただ間引くのは何だからと日々料理に大量に使用するが、成長に消費が全然追いつかない状況。

そんな中、いつもの年と違う状況を発見。何故か「赤シソ」が1本生えているのだ。

突然変異?

もちろん「赤シソ」の苗や種を植えた覚えはないし、これまでベランダでは緑色のシソしか見たことはない。よく観察するとスーパーで売っている「赤シソ」ほど濃い赤ではなく、どこからか「赤シソ」の種が飛んできてたまたまこのプランターで芽吹いたと考えるよりは、昨年大量にこぼれた「青シソ」の種から発芽したものの1つが赤色に突然変異したと考えるのが妥当だろう。植物の進化の過程に遭遇しているのかそれともいわゆる先祖がえりか?

ちなみにこれを珍しいと思ったのは管理者だけではなかったようで、緑の中の赤い葉だけが早速、虫にかじられていた。色が違うと味や含有成分が多少異なるらしいが、ここ数年単調化している植種にプランタ在住の害虫も新しい刺激を求めたか? いやいや、奴らをグルメにはさせないぞ絶対!(笑)

Template Designed by DW99, Arranged by karasejin.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。