スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公務員に自浄能力はあるか

先日の北朝鮮の核実験が本物だとしても、状勢から考えれば金正日がこちらへ向けて核弾頭ミサイルを飛ばす可能性は極めて低いだろう。確かに拉致問題など早期解決しなければならない問題はたくさんあるが、今我々を脅かしている本当の敵は東アジアのちんけな独裁国家なんかではなく、自国の中にこそいる。私欲のために国民をだまし血税をススる、公僕の仮面をかぶった悪魔「公務員」である。

毒のある書き出しにしたがさらに言えば、そもそも公務員を指導監督する立場の行政の長は選挙で選出しているわけだから、有権者にこそ最大の責任がある。即ち悪魔をのさばらしているのは市民国民が阿呆だからである。

しかしそれにしてもだ、放漫行政の結果至った借金財政の中、集めた血税をろくに出勤してもいない職員に給与として支給したり、わけのわからん手当をつけてお手盛りしたり、ましてや裏金作ってバレそうになったからといって燃やしてしまうなんて、もうまっとうな人間の所業を超えているとしか言いようがない。さらにこんな悪魔が1人2人ではなく、何千人もいるというのだから、正直言葉を失ってしまう。

国民への奉仕・・・今や随分むなしい言葉になってしまったが、もちろんそのために日々尽力している公務員も少なかれいるだろう。すっかり欠いてしまった信頼に苦虫を噛み潰しているのはこの人たちだと思う。だが私は敢えてこの人たちに問いたい。大きな社会問題に発展して政治が動くまであなたたちは何もできないのか? 病気が発生しないように予防したり、症状が軽いうちに自ら膿を出したりすることはできないのか?

「自分に権限がない」そんな言い訳は聞きたくない。どんな立場であってもそれなりの正義感があれば不正の前には告発や辞職を持って戦うことだってできるはずだ。それをさせないのは何故か?長いものに巻かれて裕福な生活を維持したいのか?

結局のところ安定で高給な公務員給与が、私欲の強い人間ばかりを集める結果になっているのかもしれない。いっそ公務員給与など今の半分ぐらいにしてしまって「給料最低でもやりがい最高」といった職業にしてしまったらどうだろう。さすれば奉仕の精神と正義感に溢れた良い人材が集まるのではないか? 現在の派遣社員やパートタイム労働の賃金を考えればまんざら不可能でもない。少なくとも札束に火がつけられるほど余裕がある人間はいなくなると思うが。 

スポンサーサイト

Template Designed by DW99, Arranged by karasejin.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。