スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー出口の怪現象

9月ももう中頃だというのに蒸し暑い日が続いている。日本は本当に温帯なのかそれとも最近熱帯になったのではないかと疑ってしまう。

出張に出ている時以外、午前10:00前後にミニサイクルを漕いで近くのスーパーを覗きに行くのが定例であるが、すでにその時間帯でも外は暑い。

目的はもちろん買い物なのだが、生鮮売場の冷房にはついつい誘惑されてしまう。恋愛ごとには無関心の自分も真夏に雪女が現れたら惚れてしまうかもしれない・・・などとどうでもいい妄想を抱きながら、冷風口のあたりでしばし歩みを止める。

そんなつかの間の快楽を味わい、レジを抜け買い物袋片手に出口へと向かう。自動ドアが開いた瞬間、すっかり油断している自分に夏の雪女が襲い掛かる。一瞬で目の前が真っ白になり何も見えない!!

・・・と毎度出口でドキッとしながら、結露した自分のメガネを裕次郎張りに外し、Tシャツの隅でふきふきしたら、また少し高くなった太陽の下おっさんは再び現実へ向かってミニサイクルを漕ぎだすのであった。

スポンサーサイト

Template Designed by DW99, Arranged by karasejin.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。