スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険ペットへの対応

マンションにサソリ出現。それも2回も。
ニシキヘビは逃げだすし、琵琶湖では外来魚ブラックバスどころかピラニア出現とは、おちおち日本の子供は水遊びもできなくなるのか?

これらに限らず、アライグマやカミツキガメなど危険外来種が既に国内で繁殖している例はたくさんある。意図せず帰化して繁殖してしまったセアカコケグモなどの例もあるがこれらについては今はおいておくとして、危険ペットの管理のあり方というものについて考えてみたい。

一応とんでもなく危険な数種の動物については国内搬入禁止のような規則があるようだが、逆に言えばそれ以外のものは何らかの形で国内に持ち込み可能ということになる。そのうち例えばワシントン条約の対象となっているものについては商取引の法的規制が掛かり、大きな動物の場合は動物園でしか飼えないから必然的に物理的な制限が掛かる。よって問題となるのは比較的簡単に入手でき、家庭などでペットとして飼育可能で、危険度を持つ動物であるといえる。

これらにどう対応するか。
まずはサソリなど毒性のあるものはその強弱に関わらず、国内の一般商取引は前面禁止すべきではないだろうか。管理設備が整い認可された研究機関が届出をした上で正当な理由がある場合のみ飼育を許可するぐらいの厳密な規制があってもいいだろう。

さらに危険度が低く商取引で一般の人間がペットで購入できるものであっても危害のリスクや生態系影響の度合いによってそれ相応レベルの管理義務を課すべきだ。例えばニシキヘビなどの大蛇を飼う場合は、当然厳重な管理環境が必要で、それを届出して公的機関が検査し基準を満たしたもののみに購入飼育の許可証を与えるようにする。さらに飼育者は飼育している施設の入口に飼育表などの掲示をきちんとして周囲にその旨を提示し、飼育動物と設備の管理記録提出を義務付ける。また何かあった時の補償のために専門の傷害保険への加入も義務付ける。公的機関は飼育施設に定期的に立入検査などを行ってその安全性を確認するようにして、違反者には飼育許可剥奪するなど厳しい指導や刑事罰を与えるようにする。

これら飼育者を管理する公的機関は飼育の専門家や獣医などを中心に構成して、飼育モラルの啓蒙活動なども行うようにする。機関の財源は「ペット税」のような形で徴収したらどうか。個人的には相当重い税にすべきではないかと考える。それが嫌なら買うべきでないし飼うべきでない。飼い主の経済的余裕もペットを飼う能力や責任という観点から見れば重要な要素だと思うのだ。

スポンサーサイト

選挙ポスターと選挙カー

昨日の衆議院選挙では自民党の大勝だった。
小泉政権はもうしばらく続く模様であります。

さてそれはともかく、選挙のたびに感じるのがその選挙活動のやり方の古さ。頭にはハチマキ、肩にはタスキ。こういう格好は今や選挙活動のときにしか見られない一種独特のもの。

ファッションはそれぞれの趣味として理解するとしても
私にはどうにも受け入れられない点が2つ。

1つはポスター。
選管が設置した掲示板に、アイドル並みに顔大写しになった候補者の写真と大きな名前。キャッチフレーズこそあれどそこには政策らしきものはほとんど書かれていない。いやむしろポスター中に占める文字の割合が一体どれだけあるだろうか。人物を特定する顔写真は免許証程度の大きさで充分。残りのスペースは自分の考える政策や公約をびっちり埋め込んだらどうだろう。そちらのほうが有権者は正しい選択ができると思えないだろうか。

2つめは選挙カー。
ただただ候補者の名前と「よろしくおねがいします」を拡声器で連呼し路地をなめまわる。そこにはメロディにのせたセールストークをエンドレステープで流してまわる2本で千円(?)の竿竹販売車ほどの風流さや合理性も無い。さらにそれほど大きくも無い車に結構な人数が乗っているが彼らがどれだけの生産行為をしているか?むしろ騒音を撒き散らす凄惨行為では無いか。

いずれにしろポスターも選挙カーも現在のそのあり方は到底インテリジェンスを感じられるものではない。しかしそれを継承し助長するのはポスターの見栄えで候補者を選ぶ有権者の存在であり、近所で名前が聞こえたり握手をしてもらった候補者を選ぶ有権者の存在であることに他ならない。何よりもまず教育等によって有権者の見識を高めていくことが重要だ。

また現在は制限が厳しいようだが、インターネットなどを使った候補者情報の提供が自由になされるようになり、また有権者もそういった情報を容易に入手して候補者選択することがごく一般的になれば、実に静かで低予算で合理的な選挙活動になることと思う。もちろんその時は投票自体も在宅化あるいはモバイル化対応でお願いしたいところだ。


ブログ開設にあたり

このたび、ブログ 「ワレオモウトコロ」
http://teian.blog23.fc2.com/
を開設しました唐瀬人と申します。

ここ最近WEBの世界ではブログというものが急に盛んになりました。

これまでいろいろなサイトを企画運営してきた私ですが、
このブログと言うものを正直ただの日記程度にしか考えておらず、あまり興味も無く、まったく作ろうとは思っていませんでした。

ところが今年初めぐらいに、浮かんではすぐ揮発していく発想や考察の「収納庫」としてブログシステムが利用できないかというアイデアが浮かびました。しかし以後忙しくなかなか建設に着手できず、ただ悶々と構想を膨らませてきました。そして9月に入ってようやくその機会を得ることができました。

いざ実際に作るとなると今度はシステムの選定やデザインなど細部へのこだわりが次々と沸いてきます。いろいろなブログサイトを探して比較したりCSSの辞典を開き表示などをカスタマイズしていくのですが、そのたびに工事中断となるので思うようには前に進みません。

そんな訳で、悪戦苦闘しながら何とか竣工そして公開へと辿り着いた訳ですが、既に大きな仕事を終え肩の荷が降りたような気持ちになっています。もうすっかりお気軽ではない状態になってしまいましたが、今後記事についてはじっくりと載せて行きたいと思っていますので、当ブログ主に関心ある奇特な皆様は時々覗いていただけたら幸いです。

平成17年9月10日

唐瀬人

Template Designed by DW99, Arranged by karasejin.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。