スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不快で危険なBGM

店内に流すBGMは、お店の雰囲気作りやお客をリラックスさせるなど、それぞれの目的を持って使われている。デパートなどでは外で雨が降ってくるとある決まった曲を流して従業員に伝えたりする役割もあるらしい。「蛍の光」「スターダスト」は我々にとってもすっかり定番で、前奏聞いただけで「早くレジに行かなきゃ」なんて学習していたりする。

このBGMがお客の気持ちに配慮したものであれば、我々もそれなりに快適に受け入れることができるだろう。しかし最近は不快なBGMを流す店がやたらと多くなってきたように見受けられる。

その最たるものは「自店のキャッチフレーズ」や「宣伝ソング」。他の音楽や情報に挟んで時々流す程度ならまだしも、それだけを短いタームで延々と繰返すのが全国チェーン展開する専門店でよく見られる手法である。いわゆる「すりこみ」により客を洗脳し、リピーターにして儲けてやろうという企みが余りにも露骨で野暮だ。繰返し聞かされる不快感もさることながら、店から帰って知らず知らずのうちに宣伝ソングを口ずさんでいだ自分にハッと気づくとき、恐怖を感じる。それでもまだその危険性を自覚し店を敬遠できるならいいのかもしれない。そういう意識を全く持たずついフラフラと店に足を向けている人たちがいるとすれば恐ろしいことだ。

かつてオウム真理教の麻原彰晃が選挙活動を行う際に、単純なメロディーに自分の名を乗せBGMとして繰返し流していたことを思い出す。選挙においてその企みは成功することは無かったが、この「すりこみ」を初めとした様々な洗脳手法を利用して信者拡大をはかったことはいうまでもない。温度差はあれど、店内での「すりこみBGM」もこれと本質的に変わらないのではないか。

テレビCMなどでサブリミナル(気がつかないぐらい短い時間の画像や音声を挟み込む)手法を用いることには規制があるようだけれども、こと「すりこみ」に関してはたいした制約があるようには感じられない。実際広告費を多く捻出できる企業が電波ジャックまがいに同じCMを頻繁に繰返すのをしばしば見せられるが、実店舗でのすりこみBGMと同様に不快極まる。

宣伝するなとは決して言わないけれども、事業者は無意識心理に働きかけるような邪道な裏技に傾倒するのではなく、消費者と正面から正々堂々と向き合って地道に支持信頼を得ていこうという基本姿勢を決して見失うべきではないと、私は声を大にして言いたい。

思い当たります
こんにちは
私が以前住んでたのは杉並区だったので、杉並道場というものもあり、教祖が立候補した選挙区でもありました。
宣伝カーでガンガン例の音楽を流してたので、いまでもたまに頭の中でリフレイン。
確かに恐い事ですね・・・
私の出身地が総本部があった辺りだったし、杉並に住んでた事もあり、例の事件後に警察から住民調査表の記入を依頼されたときも恐かったですけどね。
正直に書いたらマークされるんじゃないかと思って、書かずに放置しました。
リフレイン
まもち様、コメント有難うございます。

私でさえ当時テレビ経由で聞いたサビがリフレインするのですから、現場で直接何度も聞かされたまもち様のリフレインはさぞかし強烈なことと察します。きっとフルコーラスなのでしょうね。

脳は身勝手なもので、覚えていなくてはいけないことはすぐ忘れるくせに、どうでもいいことや消し去りたい記憶はなかなか消せませんね。無意識にすりこまれた宣伝ソングも脳の隅に引っ付いてなかなか剥がれず歯痒いです。同時に、こいつがいつしか脳内で幅を利かせたりしないかと一抹の不安をも感じます。
BGMは凄いです。
唐瀬人さん、こんばんは。
先日は、コメントをありがとうございました。
BGM、不思議ですよね。
本当にスンナリと頭に入ってきて、余韻を残します。
最近は、某たこやき屋さんの”たーたーたこやき♪”が、1日中頭の中に流れております。
そして、口ずさんでしまっております・・・
単調なメロディーであることが、脳にとっては心地よいリズムになっているのかな?
物売りの趣
ヌシ様、コメント有難うございます。

豆腐、石焼芋、夜鳴ラーメン...かつて物売りの声には独特の趣がありました。控えめに鳴らす笛音の違いが自分の商売のアイデンティティーで、またお客もそれを情緒風情として受け入れていました。

それが今ではすっかり様変わりしました。自分の屋号を機械でひたすら連呼させているだけ。店員自体もマニュアル以外の対応はできない機械みたいなもんです。そこには趣など微塵も無いのだけれども、そんなやり方を許容している社会があることもまた現実です、寂しいですが。

話は変わりますが、稚拙で単純なメロディーほど洗脳されやすいと以前専門家がゆうておりました。なんだそれなんて鼻で笑ってしまうものほど実はハマりやすくヤバいのかもしれません。
私も・・・
お久しぶりです。
私も先日、某ドラッグストアのテーマソングを、ヒットチャートの曲でも歌うように熱唱していました。指摘されるまで気づかず・・・怖いです。BGMはあくまでBGMであってほしい。
タチの悪い伝染病
kame様、コメント有難うございます。

熱唱ですか、危険ですね(笑)。
知らぬ間に洗脳されているだけでなく、いつの間にか自分がスピーカーになって無償で宣伝ソングを撒き散らしているとなれば、これはもうタチの悪い伝染病と一緒かもしれません。
同感です
 聞きたくも無いBGMを聞かされる苦痛。本当に同感です!なぜこの国はこんなにも音害に鈍感なのかといつも痛感してしまう。どの店に行っても、安心してリラックスして
買い物がしたいのに、延々と同じフレーズの曲を聴いていると、もうおかしくなりそうです。はっきりいって深刻な問題ですよね。国が取り締まってくれないかしら。
イキな消費者
やさしみ様

コメント有難うございます。ご返事が遅れて恐縮です。

音害は騒音とはまた別物ですが、これもまた不快なものです。もっとも不快に思えて敬遠できるうちは健全なのかもしれません。

ただ国や自治体に安易に対策を依存するより、我々が自分自身の考えにおいて明確な行動で示して行くことが重要だと思います。

例えば安いという価値観だけでものを買うのではなく、その売り方の姿勢にも注目して選択する。消費者がイキになれば商売のあり方もそれに追従して変わるはずです。

参考サイト
下記のような会があります。ご参考までに。

「拡声器騒音を考える会」
http://homepage1.nifty.com/shobo/

◆コメントする場合はこちら。

(クリックすると、この下に投稿フォームが開きます。)
    管理者にだけ表示を許可する




◆この記事のトラックバックURL

http://teian.blog23.fc2.com/tb.php/27-57b5d2cc

執拗なポスティングは百害あって一利なし


今や主要なニュースはテレビやラジオで放送されるし、メールでも無料で配信してもらえる。詳細な情報もインターネット上でなんぼでも検索できるため、私の場合それだけで十分要は足り ・・・


選挙ポスターと選挙カー


昨日の衆議院選挙では自民党の大勝だった。小泉政権はもうしばらく続く模様であります。さてそれはともかく、選挙のたびに感じるのがその選挙活動のやり方の古さ。頭にはハチマキ、肩にはタスキ。こういう格好は今や選挙活 ・・・


-


管理人の承認後に表示されます・・・


-


管理人の承認後に表示されます・・・


-


管理人の承認後に表示されます・・・


-


管理人の承認後に表示されます・・・


Template Designed by DW99, Arranged by karasejin.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。